高 見 國 一  (本名 一良)
昭和48年4月16日生
平成4年 刀匠 河内國平師に入門
平成6年 柳村仙寿師に刀樋やタガネの基本を
習い、以後師事を受ける
平成10年 文化庁より美術刀剣類製作承認を受ける
「新作刀展覧会」 初出展入選
平成11年 独立 高見國一鍛刀場設立
「新作刀展覧会」 入選
平成12年 「新作刀展覧会」 入選
平成13年 東京芸術大学にて河内國平特別講義の
助手として作刀する
「新作刀展覧会」  入選
平成14年 「新作刀展覧会」  優秀賞受賞
平成15年 「新作刀展覧会」  努力賞受賞
平成16年 「新作刀展覧会」  努力賞受賞
平成17年 「新作刀展覧会」  努力賞受賞
平成18年 「新作刀展覧会」  全日本刀匠会会長賞受賞
平成19年 「新作刀展覧会」  日本美術刀剣保存協会会長賞受賞
平成20年 「新作刀展覧会」  優秀賞受賞
平成21年 「新作刀展覧会」  薫山賞受賞
平成22年 「新作刀展覧会」  日本美術刀剣保存協会会長賞受賞
平成23年 「新作刀展覧会」  努力賞受賞

今、私は備前伝の「丁子乱」という刃文に挑戦しています。日本刀の魅力は凄味だと思います。しかし、近頃、私は刀を心から美しいとも感じるようになりました。これからも、品の良いしっかりとした刀を作っていきたいと思います。